3年間勤めた自衛隊を退職して解放された事!現職中との違いも紹介!

その他

 

こんにちは、元自のトカカです。(トサカじゃないよ)

この記事では、3年間の自衛隊生活から、ひとり暮らしの生活をした時に自由になった事、解放されたことを3つほど紹介していこうと思います。

もし、自衛隊をやめようか、考えている方が読んでくれているのであれば、

参考になると思うので、是非、読んでみてください。

それでは、御ゆるりと御覧下さい。

 

規則正しい生活(時々の徹夜)からの解放!

朝には強いですが、夜はすぐに眠くなる私にとって、

朝、決まった時間に起きて

夜の決まった時間に寝るのは、勿論キツかったです。

また、それ以外にも、

決められた時間に食堂に行き、

決められた時間にお風呂に入り、

決まった時間に掃除をする。(これは、私の部隊だけかもしれません)

ある程度時間の範囲があるものの、この決まりが、私にとって窮屈だなと感じさせました。(なれはしましたが・・・)

 

一番キツかったのは、訓練での待機時間です。

夜に、何もしていないのに、寝てはいけないというものです。

夜に弱いのに、そんな仕事は・・・

愚痴はこの辺にして、この事から、実際に解放されたことについて書いていきましょう!

 

どれもこれも、民間人にとっては、当たり前の事ですが、私にとっては嬉しいことばかりです。

まず、好きな時間に起きれます!

ゲームが出来ますし、残業的ではありますが仕事ができます!

 

次にどんなに早く寝ても良い!

夜の7時だろうが8時だろうが、早く寝ても誰も起こしません・・・?

一回宅急便に起こされましたわ。遅くまでご苦労様です。いやぁ本心からですよ?

 

そして、これは辞めてから気付いたのですが、

朝起きてから、朝食は1時間後ぐらいに食べると、胃が荒れなくなる!

これで、胃薬要らずの生活が送れるようになりました(嬉泣)

 

このような感じに解放されました!

ここである意味変わらなかったのは、風呂に入るタイミングです。

仕事終わりのお風呂は良いものですね。最近はシャワーですが・・・

気を取り直して次にいきましょう。

団体行動からの解放!

自衛隊というものは、最初に団体生活はなんたるかを叩き込まれます。

私の世代だと、口頭や反省だけで叩き込まれるのですが、

おそらく、私の親の世代は、拳で語っていたのかもしれません。

そんな先輩が、働いているところに、私も働きに行っているのですから、勿論、うるさい人もいるわけです。

自衛隊という組織が、連帯責任という言葉が好きなのも理由かもしれませんが・・・

 

後輩が分からなくて失敗(過去にしっかり教えていたのにも関わらず)しようもんなら「なんでしっかり教えないんだ!」との有り難い言葉が飛んできますし、

入隊が同じの同期が、ランニングで遅れてくると、「なんでアイツをトレーニングで誘わなかったんだ」と火の粉が降り注ぎます

の様に、誰かの失敗で怒られてしまいます。

悪くないのに怒られるのは気分的に、よくないですよね。

 

退職した今は、失敗しても連帯責任はないので、気が楽です。(笑)

 

様々な申請からの解放!

自衛隊には、様々な場合に置いて、部隊で一番階級の高い人に報告、かつ許可をもらうために、様々な書類を書かなくてはいけません。

今回は、その中でも、現職中に実際に申請した物、

そして、申請が要らない生活はどのように変わるのかを書いていこうと、思います。

 

また、予断ですが、退職などは、部隊長よりもさらに高い階級の人から許可が必要みたいで、私の場合もかなりの月日がかかりました。

 

車を乗るため、所有するための申請

(部隊によって、申請の仕方が違うみたいなので、あくまでも、私の経験では、と言うところを承知して、読み進めて下さい)

 

まず私の部隊では、買う以前に貯金が必要でした。

その額なんと・・・100万!

初っぱなからきついですよね。

月に4万貯金したとしても、25ヶ月かかります。

単純に2年ちょいかかりますよね。

しかもこれは、車の頭金を払った上で、余った金額が100万必要なんです!

僕が、欲しかった車はそこまで、高くなく、月に10万は貯めていたので、比較的、他の人より早く買うことができたと思います。

しかし、買う前にも申請があります。

それは、買う申請と所有する申請と運転の許可をもらう申請です。

綺麗に、書かないといけなかったり面談があったりするので、1ヶ月ほどかかりました。

そしてやっと購入して車を運転できました。

ですが、あくまで、その車に乗る許可なので、親の車に乗れなかったのが不便でしたが。

 

自衛隊退職後は、新しく買おうが、親の車を乗ろうが、友人の代わりにその車で運転させられようが自由なので気楽で良いですね。

家の住んでいるマンションだと軽しか駐車出来ないのが難点ですが・・・

それでも、あの許可の手間を考えれば、断然こっちですね(笑)

 

外へ出る

自衛隊的には外出というのですが、あなたはどんなものか分かりますか?

基本的に、買い物のしても、飲みに行くとしても、駐屯地から出るには許可が必要なのです。

そのために申請するのですが、こちらは、ほとんどの方が毎週するので簡単に申請できます。(それでも手間ですが)

 

実際に、街で暮らしてみるとかなり便利です。

仕事終わりに飲みにいけたり、遊びに行ったり出来るのはすごいですし、

何か家で足りないものが有れば、すぐに買いに行けます。

しかも、個人的に一番嬉しいことは、帰る時間を、気にしなくて良いことです。

ネカフェの安いプランで、本を読み漁れるのが良い(笑)

それ以外にも、温泉に泊まって、そのまま仕事に行ける事です。

自衛隊なら絶対にできないですね(^_^;

私の場合、人生が楽しくなったと思います。

 

まとめ

  1. 規則正しい生活
  2. 団体行動を気にしなくていい
  3. 申請をしなくていい

いかがでしたか?

こう、改めて書いてみると、結構めんどくさかった思い出が蘇りました(笑)

ここまで読んで頂きありがとうございました!

それでは、またどこかで、

コメント

タイトルとURLをコピーしました