退職してから気づいた!駐屯地では忘れていた外での苦労3選!

その他

 

こんにちは、元自のトカカです(トサカじゃないよ)

自衛隊を退職していろいろな事から、解放されましたが、

逆に、今までやっていない事も増えました。

そんな、一人暮らし歴半年の私が感じた、実際に苦労していることについて、

3つ、紹介しようと思います。

それでは、ごゆるりと、御覧下さい。

ご飯は自分で作らなければならない!

まずは、なんと言ってもこれですね。

今までは、時間に食堂に行けば、完成した料理が配膳されます。

(好き嫌いはありますが)

大体は、美味しい料理だったと思います。

ですが、今は自分自身で作らなくてはなりません。

勿論、料理をするのも大変ですが、それ以外にも手間がある事が、あります。

二つほど、紹介します。

食材を買いに行く

読んでいるあなたは、当たり前だろ!

と考えていると思います。

私も、実際に生活をする前までは、あなた側でした。

勿論、買い物には1時間以上は掛かると思います。(事前に作る料理も決めておかないので私は、余計にかかります・・・)

なら買いだめすれば良いだけなのですが、冷蔵庫が大きくないですし、あまり買っても腐らせてしまいます・・・(偏って食べてしまうので)

 

勿論、お金もかかります。

一回の買い物で、1400円ぐらいは飛びます(自衛隊は0円です)

それで2日過ごすので、一回の食事は350円くらいです。(1日2食なので)

・・・これも自衛隊なら0円ですね。皿洗いも必要ないですし。

メニューを決める

私にとっては、このハードルがすごく高いです。

料理をしてこなかったので、そもそもレパートリーがありません。

退職したての頃は、肉を焼くか、鍋を作るかしかできませんでした。

今となっては、色々作れる様にはなってきたので、それはそれで、考えてしまいますが(笑)

勿論、自衛隊の食堂の様なレパートリーはとても無理ですけども・・・

朝に、あんなおかずの種類を作る、調理師の方々には脱帽です。

本当に凄い(感謝)

なにかと一人でやらなくてはいけない!

今までは、点検の為の片付けや掃除や、雪かき、運動など、一人でやる事はほとんどありませんでした。

片付けや掃除などは、先輩の点検を受けながら後輩としていましたし、

雪かきは(範囲も広いですが)10人以上、多い時で30人くらいでしていたと思います。

運動も、誰かを誘ったり誘われたりしてやっていました。

案外、筋トレを一人でやるのは虚しいです。(笑)

灯油を買いに行かなくてはいけない!

学生の時は、親の手伝いで、買いに行っていましたが、自衛隊生活では、駐屯地として、暖房を入れてくれるので、買いに行く必要は、ありませんでした。

しかし、一人暮らしをする場合、そうはいきませんよね。

そして、これが、私の一人暮らし初めての灯油買いに行く、物語です。

 

冬が近づいてきて、寒くなって来たので、久しぶりにストーブのスイッチを入れました。

しかし、すぐに、「pーpー」となりました。

そこには、燃料マークにバッテンがついていました・・・

・・・(^_^;

そして、私の久しぶりに灯油を買いに行きました。

初めに、ホーマックでポリタンクを買って(持ってなかった)

しょうゆちゅるちゅるも買いました。(正式名称です)

 

そして、ガソリンスタンドに到着。

なんで灯油のノズルにはロックがないのか疑問に思いながら、段ボールを敷いて車に積みました。学生の頃は、軽トラだったのでので気にせず、積んでいました。(懐かしい)

そして、倒れないように、気を使いながら走り、無事帰宅しました。

その後は、冷えた体を、復活したストーブで温まりました。

まとめ

  1. ご飯を作る。
  2. 基本的に1人で行動。
  3. 暖房のために灯油を買いに行く。

いかがでしたか?これから退職して、一人暮らしを考えている人の参考になればと思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、またどこかで

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました