槇原敬之の猫犬はどうなる?ペットが生きられるのは明後日まで!?

アーティスト関連

皆さんこんにちわ!トカカです。

別の記事で

マッキー(槇原敬之)の猫や犬(ペット)はどうなる?飼い主が薬物逮捕によって餓死!

「餓死の可能性が高い」という情報を載せました。

そこで、この記事では、ペットの餓死までのタイムリミットを調べてみました。

それでは、ご覧ください

まずは、槇原敬之(マッキー)が逮捕された事件の概要について

まずは、いつ頃逮捕されたか調べましょう

覚醒剤や危険ドラッグを所持したとして、警視庁は13日、シンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(50)(東京都渋谷区神宮前)を覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)容疑で逮捕した。

 警視庁幹部によると、槇原容疑者は2018年3月30日、当時住んでいた港区海岸のマンション一室で、指定薬物を含む危険ドラッグ「RUSHラッシュ」の液体約64ミリ・リットルを、同4月11日には同じ室内で覚醒剤の結晶約0・083グラムをそれぞれ所持した疑い。

との事です。

時間に関しては詳しく分かりませんでしたが、

「13日」から、家にいないのは確実ですね。

槇原敬之(マッキー)の猫犬ペットが生きられるのはあと何時間?

調べたところ

猫の場合

  • 絶食で生きられるのは2泊3日が限界
  • それ以降は、水やエサも痛むしトイレも不潔になってしまう

との事でした。

タイムリミットとしては、あと1日は何とかなりそうです。

ただ、飼い主が居ないストレスで、病気になっている猫がいるそうです。。。

犬の場合

  • 水があれば3日以上大丈夫
  • 水が無いのであれば3日が危険

という事でした。

水があるのであれば、まだ大丈夫そうですね。

槇原敬之(マッキー)が家に帰れるのはいつ?

調べてみたところ警察官の方は

原則として、逮捕時から48時間以内に、被疑者を釈放するか、
事件を被疑者の身柄付きで検察官に送る(送検)か、を判断しなければなりません。

48時間以内に検察に送らなくてはなりません。

要は事情聴取という名の拷問ですかね?

そして検察官の方は

検察官は身柄を受け取ってから24時間以内、かつ、逮捕時から72時間以内に勾留請求をしない限り、
被疑者を釈放しなければなりません。

*勾留とは

勾留とは、被疑者もしくは被告人を刑事施設に拘禁することで、勾留請求は警察にはできないため、
検察官が裁判官に請求します。

検察官から勾留請求があった場合、その理由について裁判官が被疑者と面接して勾留請求のあった事件の
内容について質問します。

これを勾留質問と呼び、勾留質問の後、引き続き身体を拘束するかを決めます。

勾留は、原則として10日間と決められていますが、引き続き勾留が必要だと判断された場合はさらに
10日間延長されます。

なお、勾留場所は裁判官が捜査機関の意見を参考にして決定しますが、多くは警察の留置所に拘束されます。

通常、検察官が逮捕した場合は拘置所に留置されることになります。

のようですね。

この通りに行くのであれば、槇原敬之は逮捕から最大100時間以上帰れません。

ゆうに4日を超えてしまっています。

ペットのドラミちゃん(猫)やデビットちゃんとぷっぷちゃんは(犬)が心配ですね。。。

まとめ!槇原敬之の猫犬はどうなる?

この調子で言ってしまえばやはり。。。亡くなってしまうかもしれません。

そうならない為の方法はないでしょうか?

少し探してみようと思います。

いかがでしたか?

ここまで読んでいただきありがとうございました!

良ければ別の記事もどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました