くら寿司が新たな海外戦略!観光客をターゲットにした浅草店を開店!

ニュース関連

皆さんこんにちわ、トカカです。

皆さんが一度は食べたことのあるであろう「くら寿司」が22日に新店をオープンします。

その名も「くら寿司 浅草ROX店」

この店がどのような背景でオープンされるのかを調べてみましたところ、くら寿司の新たな海外戦略が見えてきました。

それでは、御ゆるりとご覧ください。

外国人観光客の意見を多く取り入れる為に作られた!

くら寿司では、すでにアメリカ、台湾におよそ45店舗ほど出店しておりますが、目標として、国内外の店舗数を現在の485店舗から、1,000店舗に増やす狙いを持っているようです。

かなり多いですね。

また、売上的な目標としては「マクドナルド」と肩を並べる事だそうです。

そこで大事なのが「外国人の生の声」

それをしっかり聞くためにもこの新店をオープンしたようです。

くら寿司・田中邦彦代表取締役社長は、「オリンピックイヤーですし、特に浅草は外国の方がたくさんいるので、ぜひその感想を聞きたいなと思い、それで浅草で、この時期にオープンさせていただいた」と話した。

私はこれを読んで、「だからこの時期だったのか」と感じました。

外国人観光客への対応力もばっちりのようです!

この新店のターゲットはオリンピックイヤーということで、多くなるであろう「外国人観光客」です。

その対応のためになんと

  • 104もの言語に対応する音声翻訳機の使用
  • 英語などの外国語ができる店員も配置している。

を備えているようです。

ここで私が驚いたのが、「英語など」と語られていたところです。

英語だけではなく、様々な外国語に対応できる店員を配置してるところを見ると、本気で「海外の方の意見を取り入れる」という考えでオープンしたんだな、と感じました。

さすが「新たな海外戦略」です。

まとめると・・・

オープンされた背景としては

  • 海外の方の意見を取り入れる為
  • オリンピックイヤーの為

などの海外戦略があるようです。

皆さんも試しに食べに行かれてはいかがですか?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、またどこかで、

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました