欅坂46の織田奈那と鈴木美愉が卒業!ファンへの感謝の気持ちを語る

アーティスト関連

皆さんこんにちわ、トカカです。

大人気アイドルグループ「欅坂46」について、ファンにとってはとても悲しいニュースが流れました。

それは、織田奈那さん(21歳)と鈴木美愉さん(22歳)の2人が卒業することを発表しました。

この記事では、2人の卒業メッセージについて、載せていきます。

それでは、御ゆるりとご覧ください。

織田奈那さんのメッセージ(アイドルは私にとって憧れの職業でした)

メッセージの冒頭では、このように語っていました。

ご無沙汰してしまいすみません。

そして色々お騒がせしてすみませんでした。

私の軽率な行動でファンの皆さん
メンバーのみんな、スタッフさんに
迷惑をかけてしまいました。

おそらく、ここで載っている「軽率な行動」は、去年の9月に行われた、全国アリーナツアーを欠席してしまったことだと思います。

やはり、「初期メンバー」というのは、ファンにとっては欠かせないものだと思います。

ツアーの欠席してしまったことが、後々重みになってしまったのかもしれないですね。

また、このメッセージの後にも

  • 応援してくれたファンへの謝罪
  • メンバーに迷惑をかけてしまったことへの謝罪

を書いていました。

また、その次の文章では、卒業することについて、語っていました。

私は欅坂46を卒業します。

お休みを頂いている間、
将来のことを色々考えました。

アイドルは私にとって憧れの職業でした。
自ら大好きなアイドルという職業を離れるのは
とても心苦しいですが、私なりにたくさん考えて卒業を決意しました。

・・・ここではまだ語られていませんが、アイドルの何処が良かったのか、などをしっかりとメッセージに載せていたので、「本当に心苦しかったんだろうな」と感じました。

次に、卒業した後の目標について、書いていました。

それは「大学の卒業」のようです。

また、現在、大学に通っていることも明かしました。

今まで、アイドルをしながら大学に通っていたことには驚きました。

頑張ってほしいですね。

その後の文章については

  • 今までのアイドルとして経験したこと
  • アイドルのすばらしさ
  • アイドルとして関わった人への感謝の気持ち

などを語っていました。

何も分からないまま静岡から出てきて
色んなことに苦戦しながらも
ファンの皆さんやメンバーに支えられて
ずっと見てきた歌番組に出ることが出来たり、
素晴らしいMCの方々と冠番組が出来たり、
全国ツアーができたり、
大きなイベントやフェスに出させていただいたり
演技の仕事が出来たり、
賞を取ることが出来たり、
今振り返ると全部夢だったのかなと思ってしまいます。

私は元々アイドルが好きで
辛い毎日もアイドルに勇気を貰って
乗り越えてきました。
私には私が元気を貰ったアイドルのように
皆さんに何かできたかは分かりませんが
アイドルになれて本当に幸せでした。
アイドルは本当に素晴らしい職業です。

そして欅坂46で本当に良かったです。
欅坂でなきゃ出会えていなかった楽曲やダンス
私達の最高の先生であるTAKAHIRO先生や
優しいダンサーさんに出会えたこと
面白くて頼もしくていつでも私達の味方でいてくれるスタッフさんに出会えたこと
家族同然のメンバーに出会えたこと
大好きなファンの皆さんに出会えたこと
全てに感謝です。

・・・本当に様々なことを経験したようですね。

おそらく、このような経験以外もたくさんの「辛いこと」があったと思います。

しかし、そのようなことは、語らずに文章の最後を感謝の言葉で締めているところをみると、「良いアイドル人生だったんだな」と感じることが出来ました。

鈴本美愉さんのメッセージ(私にいつもファンの皆さんは温かい言葉をかけて下さって・・・)

こんばんは

お久しぶりです

ここ数ヶ月ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

始まりはこのように語っていました。

少々、無理が貯まっていたようですね。

次の文章では

たくさんの経験をして、メンバーともたくさん大切な思い出が出来ました。

時間が経つと、色々なものが変わりますね

私は欅坂としてパフォーマンスをする事が大好きです。
欅の曲も大好きで、たくさんの影響を受けました。

 

と、今までの思い出も語っていました。

様々な事を思い出しながら書いたような感じがしますね。

上手く言葉に出来ない思い出もたくさんあったんだろうな、と感じました。

次の文章では、このように語っていました。

でも心と身体がだんだん追いつかなくなり、パフォーマンスに熱が入りきらず、その気持ちを無視する事が出来ませんでした。

中途半端な気持ちでパフォーマンスをすることが許せなかったです。

一時的な感情かなとも思いましたが、気持ちは変わらなかったです。

自分が曲を伝える立場にいるのはもう違う。と思い、欅坂46を卒業することに決めました。

今までもずっとメンバーにもスタッフさんにもファンの皆様にも申し訳ない気持ちと、罪悪感でいっぱいで

アイドルとして足りないことが多すぎて自分の中でずっと葛藤していました。

長い間スタッフの方々に相談に乗っていただき、考える時間をたくさん頂きました。

人に想いを伝えることが苦手で、言葉足らずでいつもファンのみなさんを不安にさせてしまいました。ごめんなさい。

少々言葉足らずな文章のような気がしましたが、しっかりと気持ちは入っているような気がします。

最後には、

  • ファンへの感謝と謝罪
  • 今後の事はゆっくりと考えること
  • 欅坂46として活動していた時間は幸せだったこと

を語っていました。

アイドルを卒業してしまいますが、さらなる幸せを見つけてほしいですね。

まとめます!

  • 織田奈那さんが卒業
  • 鈴本美愉さんが卒業

これからは、アイドルとしては見ることはないと思いますが、違うところでまた見たいものですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、またどこかで

コメント

タイトルとURLをコピーしました