神在月のこども(本)著書や読み方は?あらすじや由来も調べてみた!

アニメ関連

皆さんこんにちわ!トカカです!

この記事では

「神在月のこどもの本や読み方は?あらすじや由来も調べてみた!【かみはかり】」

という内容で書いていきます!

それでは、どうぞ!

神在月のこどもの読み方や由来は?意味は10月ってホント?

まず、この映画のタイトル「神在月のこども」の神在月ですが、直訳すると10月というそうです。

そして、読み方については、特に難しく読むわけでは無く「かみありづき」と読むそうです。

由来について、調べてみたのですが難しい用語が多く説明が難しいです。。。が、順番でまとめて見ました。

  1. 昔、出雲(いずも)という場所では10月に「出雲大社」というところに日本中の神々が集まるという伝説があったようです。
  2. この「出雲」という場所以外では10月の事を「神無月」とも呼ばれるそうです。
  3. そこで逆説的に、10月は出雲以外神が居ないから「神無月」、出雲という場所には神が居るから神在月と呼ぶようになった

という事みたいですね。

ちなみに出雲(いずも)は今でいう島根県東部みたいですね

神在月のこどもの本や著書は?なんで虫メガネにあるの

調べてみましたが、「神在月のこども」というタイトルの本は見つかりませんでした。。。

おそらく、気になったたくさんの方々が「本はあるのかな?」と調べた結果、サジェストになったのだと思います。

私も「予習したい!」と思って調べたのになくて残念でした。。

お互いに、映画を楽しみに待ちましょう(笑)

神在月のこどものあらすじは?本は無いですが情報はあります!

ニュースサイトの情報を引用してみると

なぜ、10月のことを「神無月」というのか。そして、なぜ出雲では神無月ではなく、「神在月」というのか。神話の地「島根・出雲」を目指して走り出す少女・カンナの旅路を描いた劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』が2021年の劇場公開に向けて始動開始。

中略

本作は、毎年10月に全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議「神議り(かみはかり)」を行うといういわれを題材に、人々と神々、各地と出雲、そしてこの島国の根にある「ご縁」という価値観をアニメーションで描くものになっている。

引用:アニメージュ

とありました。

あらすじになるかは分かりませんが

  • 舞台は出雲?
  • 出雲の伝説がカギになる?

という大雑把な仮説くらいは分かりました。

伝説を題材にした作品は、結構凝った作品が多い印象なので楽しみです!!

神在月のこどもについてまとめ!

まとめて見ると

  • 「かみありづき」と読む
  • 出雲の伝説がカギになる(かも?)

となっています!

 

いかがでしたか?

少しでも役に立てていたら幸いです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

別の記事もぜひ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました