本田圭佑が寄付に関して言及!名前を隠すのが美学ではない!

スポーツ関連

皆さんこんにちわ、トカカです。

サッカースポーツで現在も活躍している本田圭佑が日本の悪い伝統についてのツイートがありました。

この記事では、そのツイートをまとめながらも、共感できる部分を紹介していきたいと思います。

それでは、御ゆるりとご覧ください。

積極的にするべき事とは

と語られています。

またこの前のツイートでは

とも語っていました。

このように有名な方が 、こうして行動を起こしていると、なんだか勇気がもらえますね。

日本には「名乗るほどの者じゃありません」という昔ながらの言葉があると思います。

この本田圭佑さんのツイートを読む前は「かっこいいセリフだな」と思っていました。

しかし、ツイートを読んだ後はこのセリフは「自己満足」に過ぎないのだと感じました。

これが、日本という国の「中身のない美徳」なのかもしれませんね。

本田圭佑が起こした行動(寄付)について

少し昔の話かもしれませんが、本田圭佑さんは2018年7月20日に、西日本豪雨で被災した人向けて、寄付をするとTwitterで発言。していました。

しかし、この日本には、「中身のない美徳」が大好きな人。

そして、自分の考えを人に押し付けようとする人が多数います。

ですのでこのツイートには、

  • そこは、不言実行にしてほしかった。
  • それを言わずに寄付する男がかっこいい

などの、いわゆる「アンチ」のような発言がありました。

私なら「行って何が悪いんですか?」のような幼稚な返事を書こうとしてしまいますが、本田圭佑さんは、見事な切り返しをしていました。

跳ね返すこともなく、認めることもなくこの様に発言しました。

  • あなたも一緒に寄付しましょう!
  • いや、あなたにも寄付してもらいたいという意図で発言してるんですよ。

・・・これぞ、出来る男の言葉という感じですね。

自分だけではなく、「多くの人に」寄付してほしいという思いが伝わる発言ですよね。

まとめます!

  • 本田圭佑が、日本の「中身のない美徳」を無くそうとツイートしている。
  • 過去に、実際に寄付をしていて、それについても発言している。

いかがでしたか?

サッカーにあまり興味がなくとも、本田圭佑さんを多くの人が知っているのは、このような行動があるからかもしれませんね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、またどこかで、

コメント

タイトルとURLをコピーしました