ヘリ事故の臓器(心臓)が移植できない理由を調査!医学的理由って?

ニュース関連

皆さんこんにちわ、トカカです。

今日の朝にヘリコプターが墜落して7人がケガをする事件が起きました。。。

この記事では、その移植臓器である心臓がダメになってしまった事について調べてみました。。。

それでは、御ゆるりとご覧ください。。

そもそも、ヘリコプター墜落ってどんな事件?

1日午前8時10分頃、福島県郡山市三穂田町下守屋の田んぼに、県警ヘリコプター「あづま」が不時着して横転し、搭乗していた警察職員5人と医療関係者2人の男性計7人が病院に搬送された。全員負傷しているが、いずれも意識があり、命に別条はないという。国土交通省は1日、機体の損傷が大きいことから、航空事故に認定。運輸安全委員会は原因調査のため事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。

 県警などによると、ヘリは、臓器移植のため心臓を輸送していた。公益社団法人「日本臓器移植ネットワーク」によると、臓器搬送中の事故は初めてという。臓器は、県警のパトカーが運び直した。

ということがありました。

また、それぞれの搭乗者の名前も少しですが明らかになっています。

県警ヘリは、イタリア製の「アグスタ式AW139型」で14人乗り。操縦士の小池健貴警部(38)、副操縦士の村上明彦警部補(50)のほか、県警本部の村上祐司地域企画課長(59)や整備士2人、医療関係者2人が搭乗していた。

との事です。

この操縦種の事が気になりますが、この後の記事にまとめるつもりです。

良ければご覧ください。

心臓はどうなったの?・・・ダメでした・・・

この心臓は、脳死した50歳の男性の者だったのですが、このような速報がありました。

 日本臓器移植ネットワークは1日、福島県郡山市内に墜落した県警のヘリコプターで搬送されていた心臓を使った移植手術を、医学的理由から断念したと発表した。

・・・医学的理由とは、どのような意味でしょうか?

リサーチしたところ

心臓移植は、自分の心臓の代りに、ドナー(臓器提供者)から提供された病気のない心臓を植え込み、その働きによって延命だけでなく、社会復帰をも目指す治療法です。

この手術は、移植を受ける患者を全身麻酔し、人工心肺によって血液循環と呼吸を維持しながら行います。

ドナーの体から取り出した心臓の保存時間には限界があるため、心臓を取り出してから患者に植え込むまでの処理のすべてを、原則として4時間以内に終えなければなりません。このため、ドナーから取り出す手術と移植手術を時間的にうまく連携して行うことが成功の必須条件です。

(一部抜粋)

そう

4時間以内に終わらないと行けないのです!!!

もしかしたら、これ以外にも

  • 事故のショックによって
  • 心臓をもらう方のアクシデント

などもあるかもしれませんが・・・

まとめ

  • ヘリ事故の概要
  • 心臓は・・・ダメでした

いかがでしたか?

・・・悔やんでも悔やみきれませんね・・・

私は、募金などが始まるのであればしたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またどこかで、

コメント

タイトルとURLをコピーしました