勤務歴3年の私が一般陸曹候補生をお勧めしない2つの理由!違いも紹介

その他

 

こんにちは!トカカです!(トサカじゃないよ)

今回は、一般陸曹候補生と自衛官候補生どっちで自衛隊に入隊した方が良いのか悩んでいる貴方のために、余程のことじゃない限り、一般陸曹候補生じゃない方が良い理由と、そもそもの違いについて、解説していこうと思います!

それでは、御ゆるりと御覧下さい!

まずは違いをしっかり解説!

まず話をしていく上で、それぞれの特徴を知る必要があるので、説明しようと思います。

自衛官候補生とは?

これは、いわゆるバッチ無しと言うもので、中学問題を答えれれば入隊資格を得られます。

ほとんどの自衛官はこの試験を通過して、入隊していると思います。

私の場合、部隊配属された時の、配属同期は8割はバッチ無しでした。

特徴としては、

  • 2年毎に任万金がもらえる
  • 初月給が安いが、3ヶ月後の総合は変わらない
  • 陸曹の承認試験の受けられるタイミングが遅い

などがあると思います!

一般陸曹候補生とは?

これは、いわゆるバッチありと呼ばれるもので、高校問題が入隊試験ででるので、少し入隊難易度が高い、入隊の仕方です。

私は、これで、自衛隊に入隊をしました。

特徴としては、

  • 任万金は無いが、定年での退職金は多い
  • 初月給からある程度もらえる
  • 陸曹の承認試験のを早く受けられる

これぐらいですかね。

なんとなく、違いをイメージできたと思います。

次は、なぜ、私は一般陸曹候補生はお勧めできないのかを解説します。

理由一つ目!一番お金が必要な時に貰えない!

あなたは、100万もらえるとしたら、いつ欲しいですか?

定年した時ですか?結婚した時でしょうか?

、、、おそらく、今、欲しいですよね、、、

私も、できるだけ早く欲しいです。

車も、若い時に買いたいですよね。逆に結婚してからは買いにくくなると思います。

 

ここで二つの特徴を見返してみて下さい。

・・・お金が早くもらえるのは、自衛官候補生(バッチ無し)だったと思います。

確かに、一般陸曹候補生の場合、退職金は多いかもしれませんが、

定年退職金が2700万から3000万になるのと、

勤務2年で、0万が50万、勤務4年で0万が120万になるとしたら・・・

あなたはどちらを選びますか?

理由二つ目!考えが変わってしまった時に、思い通りに行きづらい!

これは、私の体験なのですが、入隊当時は、「自衛隊をずっと続ける!」と若いながらも(当時18歳・・・若いな〜)思っていました。

入隊して一年と半年は、勿論辛いこともありましたし、きつくてやめたい、と考えたりもしました。

それでも、陸曹になるために、色々勉強していました。(今でも、ここで勉強した事に後悔は、ありません)

ですが、そんなある日、何気ない光景だったのですが、それに酷く、違和感を覚えました。

(それは、誰しもが見る日常です、しかし、今思えば、その違和感は、時間だったのかもしれません)

それから、私は、その違和感と闘い、結局、半年後(入隊して2年後)退職を決意しました。

ですが、ある意味、ここからも大変でした。

上司や先輩がなぜ辞めたいのかと聞いてくれましたし、退職を考え直す様に様々な話もしてくれました。

ですが、私の心は変わらず、様々な申請や手続きを通して

退職を決意してから、およそ、1年かかりました。

他の仕事はやめる時に、辞表を机に叩きつければ良いのでしょう。

しかし、自衛隊でそれは、できません!

ですので、もし、これを読んでも、「自衛隊を続けたい!」と思った人を除き、自衛官候補生で入ることを、お薦めします。

まとめ

  1. 自衛官候補生と一般陸曹候補生の違いは、大きくはタイミングと金額!
  2. お金が早く欲しいになら、自衛官候補生の方が良い!
  3. 芯が強いなら一般陸曹候補生で受験しよう!

いかがでしたか?

少し、「理由2つ目」で脱線してしまいましたが、少なからず、私の体験です。

この記事が、あなたの人生を明るい方向へ導けると嬉しいです!

ここまで読んで頂き、ありがとう御座いました!

それでは、またどこかで、

コメント

タイトルとURLをコピーしました