真剣交際(未成年)が合法?条例改正の意味や定義など判断基準を調査!

ニュース関連

皆さんこんにちわ、トカカです。

先日、議会に提出する府青少年健全育成条例の改正案の内容が明らかになりましたね。

ツイッターでは、色々と疑問の声が上がっていますね、

そこでこの記事では、府青少年健全育成条例での記事にあった「真剣交際」について調査しました!

それでは、御ゆるりとご覧ください。

そもそも真剣交際って何?意味は?

結婚相談所での「真剣交際」とはどういう意味?

結婚相談所での仮交際は一般の交際とは違うということをご説明させて頂きましたが、一方「真剣交際」は、まさに一般的に用いられる「お付き合い」と同じ意味で、結婚相談所で出会ったお相手と彼氏彼女になることを意味します。つまり、真剣交際の場合は仮交際と違い、「〇〇さん(1人のお相手)と交際することに決めた」という状態ですので、結婚相談所が紹介してくれる他のお見合いを全てストップする必要があります。
まとめると、結婚相談所を利用した婚活では、「仮交際」の段階では交際をしている相手が複数人いるのが一般的で、「真剣交際」になると、「仮交際」していたお相手のうち1人だけを選んで、実際にお付き合いしていくという流れになります。

これは、法律の基準ではありませんが、これを参考にすると

  • 真剣交際していいのは1人
  • 結婚を前提に付き合っている

ということが「真剣交際」の判断基準だと思います。

ただ、この説明には「時間」や「金銭に関する事」などの具体的な情報がないので、判断が難しいのかもしれませんね。

 

ツイッターでの疑問の声を紹介!

[注意:ここからは、バカな筆者がツイッターの疑問を「馬鹿正直に」調べてみただけですので、「答え」は正直ないと思ってます。

それでもよければ、御ゆるりと楽しんでみてください(不快であれば申し訳ない)]追記

 

この目次では、ツイッターの意見を参照してみてください!

調査したところが分かりやすくなると思います!(多分・・・)

真剣交際(未成年)が合法?店舗になったらどうなる?

ありえない話だとは思いますが、真剣に調査してみました。(笑)

良ければ見てって下さい(笑)

まず、店舗と言えば、あれだと思うのでその定義を載せますね。

風俗での仕事内容

これは自分がどんなお店に在籍するかによって変動します。
金額は時間ごとに決められており、そこに指名料やオプション料が追加されます。出会い系とは違い本番行為は禁止されているため、お仕事中に本番をすることはありません。

仕事内容について比較しましたが、1番お伝えしたい大きな違いはたった1つ。法律に反しているか反していないかです。
我が国には「売春防止法」という法律があります。売春防止法は、売春行為や売春の手助けをすることを禁止するため、昭和31年に制定されました。
出会い系で関係を持つことは売春行為(お金をもらって性交をすること)にあたり、違法です。一方、風俗は売春行為ではありません。オナクラやエステ、ヘルスなど風俗店での本番行為は禁止されています。本番行為をしないことにより、性交ではなく性交類似行為とみなされ、金銭授受があっても売春には該当しません。また、風俗店は風営法に基づき、国に営業届を提出しています。

引用元:https://www.growup-work.com/feature/column/5957/

*これは、あくまで「出会い系と風俗の違い」を説明しているサイトです。

また、別サイトにはこのような記事がありました。

「法律的には、ソープランドでも、生本番(避妊具をつけない性行為)どころか、他の風俗店と同様に本番行為(性行為)は認められていません。

風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)上、ソープランドは『浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業』と定義されていて、本番行為については言及されていません。

他方で、売春防止法では、売春行為が禁止されており、売春の場所を提供する業務を行った者には7年以下の懲役及び30万円以下の罰金と重い罪が定められています」

――「お風呂場で出会った男女が自由恋愛の末に性行為」という扱いだけど、警察がその気になれば、売春で摘発も可能という微妙な位置づけということですね。

引用元:https://www.bengo4.com/c_18/n_8935/

このように、グレーゾーンな事が多い業界のようですね。

このれらの記事をまとめると

  • 本番行為は禁止
  • 自由恋愛の末であれば・・・(あいまいですね)

そしてもちろんですが

  • 高校生は雇ってはいけない(18以上であっても)

という条件もありました。

さて、ここからが本題ですが、

「自由恋愛を提供している」お店があるのなら

「真剣恋愛を提供している」お店も合法になるのでは?

とい考えが浮かびますが、そもそも高校生は雇っていけないので風俗店としての活動はできません。

必然的に

  • 風俗店ではない=高校生を雇える
  • 真剣恋愛をしている=あれ(言葉を濁してスマない)も問題なし

ということになりますよね・・・

よし、それでは、これらを達成するための条件を調べてみましょう!

どうやら、風俗店としてでは無く、飲食店としてであれば「個室」での営業が出来るようです。

その条件というのが、

個室の大きさが

  • 客室が1室だけのときには床面積に制限無し
  • 客室が2室以上のときには1つの客室の床面積は9.5平方メートル以上でなければいけない
  • 客室の床面積は内のり(壁面)で計測する

という条件と

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと(仕切り、ついたて、カーテン、背の高い椅子など)

の2つの条件を満たせば良いようですね。

・・・勿論、浅知恵の元調べただけなので間違いもあるかもしれませんが

これらを調べても「きっぱりと否定する事」できませんでした・・・

もし、法律に詳しい方がこれを見ていただけているのであれば「否定材料を」提供してほしいです(切実)

大阪府警の判断基準は?心眼で見極めるの?

これも、真剣に調べましょ(笑)

これは、大阪府警察からの引用です。

強制性交等とは

  • 13歳以上の男女に対し、暴行または脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交をすることです。
  • 13歳未満の男女と性交等をすることです。(同意の有無を問わない)
    また、
  • 心神喪失もしくは抗拒不能に乗じて、あるいは心神喪失もしくは抗拒不能にさせて性交等することも同様の罪となります。

事例~「心神喪失、抗拒不能に乗じて」の典型的な事例は、多量にお酒を飲んだ時、または飲まされた時に気を失ったり、もうろうとしている状態に乗じて性交等する。

  • 性交等の認知件数は、昨年1年間で150件でした。
  • 被害者の約8割が10歳代から20歳代の女性です。
  • 発生場所の約4割がマンション、団地などの共同住宅内の室内です。
  • 発生時間は、午前0時から午前1時ころの間が多いです。

警察に被害届が出された事件の分析結果です。強制性交等は「暗数」つまり警察に届け出られていない被害が多いと言われています。           

強制わいせつとは

  • 13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をすることです。
  • 13歳未満の男女に対し、(同意の有無にかかわらず)わいせつな行為をすることです。

事例1~道路を歩いている女性の後ろから抱きつき口をふさぎ、身体を触る。
事例2~小学校女児を言葉巧みに誘い出して、身体を触る。

  • 強制わいせつの認知件数(被害届が出された件数)は、昨年1年間で690件でした。
  • 被害者の約7割が10歳代から20歳代の女性です。
  • 発生場所の1位は道路上、2位はマンション、団地等の共同住宅ですが、この場合は、室内よりも、マンションの出入口、エントランス等共用部分での発生が多いです。
  • 発生時間は午後9時から午前1時ころの間が多いです。

やはり、大阪府警察のホームページを見ても「真剣交際の判断基準」なるものはありませんでした・・・

ただ、引用したものをまとめると

  • 暴力
  • 脅迫
  • 意識のない状態(睡眠や気絶かな?)

によってそういうことをした場合は、捕まえます!

ということかと判断できます。

結局、「真剣交際」と「自由交際」を見極める方法を明白にしていないので、正直なところ、

「各警察官の判断に一任する)ということですかね?

・・・もう結婚する以外に逃げ場がないような気がしますね。

「リアルPとJK」ぐらいしないと、逮捕される可能性があるかもしれませんね。

幼女との「真剣交際」はどうなの?

夢(?)をつぶしてしまうかもしれませんが

ダメです」!!!

法律で禁止されています!!

その法律を私なりに要約すると

  • お互い合意の上だろうが
  • キスだけだろうが
  • さわるだけだろうが
  • 先っぽだけだろうが

13歳未満の男女へのそういう事は問答無用で罰します!

となっています。

  • 13歳未満の男女に対し、(同意の有無にかかわらず)わいせつな行為をすることです。

上の引用を再使用していますが、こういう事らしいです。

「幼女」というものが具体的に何歳を示すかは人によりますが少なくとも

(0歳~13歳未満)の場合は、捕まります。

おとなしく外国に行きましょう。

それか、次元を1つ落としましょう(ヲタクには意味が分かると思われし)

真剣交際と性的欲求の判断基準は?

一般に二次性徴を迎え生殖能力を獲得したとき「性の目覚め」が起きるとされるが、それ以前から明確な性欲を抱く人もいる。性欲の高まる時期や強さは個人差や性差が大きい。多くの伝統的な宗教で、性欲は慎むべきもの、忌避すべきもの、警戒すべきもの、とされている(#宗教での伝統的な位置づけ)。

近年の医学的研究によって、性欲には男女で異なった周期性やピークの時期があることが明らかになっている。(#近年の生物学的・医学的な説明

人間の性欲は多彩な欲求との相互作用により変化し、学習によって様々なフェチズムが生まれる。そのため一口に性欲といっても個人によって様々な形がある。人間だけが変態になる[1][信頼性の低い医学の情報源?]などとも言われる。もっとも、「多くの動物で同性愛など生殖に結びつかない性行動もある」という[2]

引用:https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%80%A7%E6%AC%B2_%E6%80%A7%E6%AC%B2%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

性的欲求(性欲)とは、このように説明されていました。

これを参考にして答えを出すことは難しいですが、私的には

真剣交際と性的欲求は比べるものではなく

真剣交際の延長戦に性的欲求が生まれれば合法

性的欲求ゆえに真剣交際したいのであれば違法だと思いました。

・・・見極める方法?

分かりません!(すいません)

まとめ!

この記事を書いてみて、筆者なりのまとめとしては、

真剣交際という言葉にはあいまいなことが多すぎる!

と感じずにはいられないと思いました。

人によってとらえ方の変わる「法律や条例」は意味が薄いと思わずには居られません。

最悪「逃げ道」として「悪用」されかねません!

早く「具体的な基準」を設けられることを願うばかりです。

いかがでしたか?

もしかしたら、一部の人は不快に思ってしまう内容だったかもしれませんね(すみません)

あくまで「私はこう思います!」という主張であるので之が「答え」ではないことを承知してもらえると助かります。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

それでは、また別の記事で、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました